ブログ

イメージ画像:カーサ

<実例>カーテンの納品

2016.02

先日、カーテンとロールスクリーンの納品をいたしました。

打合わせの際にブルー系の生地が良いという事で、

こちらがご用意させていただいたサンプルの中からお選びいただき決定いたしました。

<リビング>

DSC00846

ドレープは川島織物セルコン「フェルタ」シリーズの生地に形態安定加工を施しています。

束ねた時もきれいにまとまり、美しいです。

レースは、カーサオリジナルの生地です。横ボーダーの柄を気に入っていただき採用に。

 

<ダイニングの小窓>

DSC00849

シンプルに、シングルのロールスクリーンになりました。色はアイボリー。

 

~ここからは少し専門的になります~

ロールスクリーンを枠内付けにする場合、

どうしても生地と枠との間に隙間ができてしまいます。

(とくに操作側により隙間ができます。)

メーカーのカタログでは、発注する際に窓枠寸法から-1センチ程引いてください。

と書いてありますが、それではかなりの隙間ができてしまいます。

 

今回は、枠内幅363mmに対し、製作寸法は幅360で発注しました。

(というのも、タチカワのロールは5mm単位での発注のなので、

W360mmか355mmか、はたまた350mmの発注かで考えました。)

DSC00850

W360mmの結果、操作も問題ありません。

 

プロの方だったらよくある話かもしれませんが、

なかなか一般のお客様には分かりづらいところ。

参考までにブログのネタに載せてみました。

 

ウインドウトリートメント類は専門性が高いです。

ぜひ、ご相談ください。

ツーアクション窓

2016.02

ツーアクション窓というものをご存じですか?

これは、一般的にドレーキップ窓のことを指します。

ただ、ドレーキップ窓自体市場にはあまり浸透していないので、

名前だけを聞いてもどんなものか想像しにくいですよね。

 

ツーアクション窓とはTKK APさんから出ている商品の名称で、

「ひとつの窓で、2種類の開け方ができる窓」なのです。

151209_ykk_twoaction_1151209_ykk_twoaction_3

ハンドル操作の位置により、「内倒し」と「内開き」の開き方ができます。

 

内倒しにした場合のメリットは、

多少の雨ならばあけたままでも換気・通風が可能ですし、

防犯やお子さんの転落防止にもなります。

 

内開きにした場合は、

掃除のしにくい外側の窓拭きも中から簡単にできます。

また外倒しの窓では不可な外付の日よけや、ルーバーなども取付可能です。

01_a

 

私が実際に窓選びをする際に感じたことは、
 

外開き窓は通風には最適なのですが、

・雨が降ったら窓の内側も濡れてしまうこと

・網戸が窓の内側にくるので窓の開閉をする際にいちいち網戸を仕舞わないといけないこと

が気になっていました。

 

また個人的にはトイレなどは特に常に換気を行いたい場所ですが、

外からの視線が気になって窓を開けられないということがあります。

そういった場合に、内倒し窓であれば気にせずにあけられたり

しかも長時間天候を気にせずにあけたままにできる点がすごく良いなと思いました。

 

ただし、窓を開けると室内側に入ってくるので、

窓枠内に室内装飾(ブラインドやロールスクリーンなど)を取り付けることは不可だし、

そういった面では制約の多いものにはなりますね。

 

そういったことも踏まえたうえで、窓の計画ができれば、

おすすめできる商品であることは間違いないです。

 

maxresdefault

(※余談ですが、YKK APさんのCMで福士蒼汰さんを起用したものが流れていますよ)

 

 

 

 

 

縁側のリフォーム

2016.02

過去の物件になりますが、

縁側をリフォームした時の写真がありました。

 

<BEFOR>

DSC_0282

DSC_0284

木建具に趣を感じますが、木部分が劣化しているようにも見えます。

当然、気密性はありませんので、隙間風も相当でしょう。

というのも、私の祖父の家も同じような木製の建具の家でしたので。

昨年祖父の家をリフォームをし、サッシに入れ替えると隙間風もなく、

寒さも軽減されこんなにも快適なのかと驚きました。

(いや快適なのは当たり前なのですが。しかしとても過酷な中にいたのだと気づかされました。)

 

<AFTER>

DSC_0492

改装後です。

サッシの入れ替えなど、リフォームをご検討中の方、

お気軽にご相談ください♪

 

 

 

 

 

新年ご挨拶

2016.01

あけましておめでとうございます。

カーサは本日から仕事初めです!

昨年同様にイベント開催をしたりしてスタッフ一丸となり盛り上げていきたいと考えております。

皆様、本年もカーサを宜しくお願い致します!

 

 

 

 

シェード納品

2015.12

今回はカーテンに昇降機能が付いた「シェード」の納品に伺いました。

お引越しを機にシェードを取付。生地やデザインを決める時に以前から気になっていた飾りの付いたシェードにしたいとの事で

裾の部分に「フリンジ」を付けたシェードになりました。

★ HP用 (上岡邸)  ★ HP用2 (上岡邸)

写真が見えにくいかもしれませんが裾の部分に透明の丸いフリンジが付いています。

お部屋が暗くなるのを避けたかったのでシェードも色を合わせて全体を白で仕上げています。

色が統一されてお部屋に広がりを持たせる事が出来ています。

生地は水玉模様が浮き出ていてその周りは少し透けている仕様です。

そして裾のフリンジがゆらゆらと揺れているのが大変可愛らしく

シンプルながら他にはない一つだけのシェードが出来上がりました!

尚、写真は無いのですがこのシェードは生地を畳上げても裾のフリンジが綺麗に見える仕様となっています。

上げた状態でも揺れているフリンジが可愛かったです。

お客様であるK様にも喜んで頂けてこちらも安心致しました。

ご希望を叶えられて良かったです。K様、有難うございました。

 

今回はシンプルなデザインでしたが組み合わせは色々自由です。

フリンジも種類は他にもありますし今回の取り付けたフリンジの色違いもあります。

シェード自体もスタイルは色々ございますので

お引越しや付け替えの時などの機会があれば是非ご相談下さい!

自分だけのオリジナルを作ってみられませんか?

 

 

 

<プレーンシェード>

・本体生地:FA1645 WH

・フレーム:FA2016 51

・フリンジ:WAFR047 WH

(ラリエットシェード仕様)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーテン納品

2015.10

先日のオーダーカーテンフェアではたくさんのお客様にご来店いただきました。

ありがとうございます。

お客様がお店でお気に入りの生地を見つけられた際のわくわくした表情、

なんだかカーテンって『出会う』感じなのだと思います。

その出会いのお手伝いができて、私たちスタッフ一同嬉しく思っています。

 

カーテンと一言で言っても、色々なスタイルがありますし、

各メーカーにはたくさんの生地があり、

厚手とレースの組合せは様々で、

そして窓の大きさや形もそれぞれの家で異なります。

既製品のカーテンが手軽で良い時がありますが、

オーダーカーテンの場合はそのお客様一人一人のご希望にきめ細やかに対応できますのでおすすめです。

 

そんな一例をご紹介します。

カーテン掛け替えのお客様でレースのデザインにこだわりました。

いくつかの案で検討し、最終的にこのスタイルになりました。

お客様と一緒に考えたデザイン!

(※写真はお客様に送っていただきました。)

20151017183502

DSC_0607

上部はギャザー仕様で、中央は生地が2枚重なった一体縫製。

柄合わせをしているのでおろしたままでもきれいですが、

写真のように手前の生地をまとめるとアシンメトリースタイルに。

厚手との組み合わせもばっちりでお客様のお家のすてきなインテリアによく合って、

こちらも嬉しくなりました。

K様この度はありがとうございました。

 

<カーテン詳細>

ドレープ:FT0363(川島織物セルコン)

レース:RC220‐01エルチェ(FEDE)

マグネットタッセル:ローズガーデン(FEDE)

しっかりとしたものづくり展  まとめ③

2015.07

前回の続き、まとめ③です。

今回ものづくり展を開催するにあたって、通常展示の他にも豊富な家具が集まるので

告知イベントの他に何か企画をしたいと思い

展示の椅子12脚の中から一番好きなフォルムの椅子と一番好きな座り心地の椅子を来場者の方に投票して頂く

題して「私の一脚」という企画をしておりました。

遅れましたが集計が出来ましたので、この場で結果発表させて頂きます!

全部発表したいところですがフォルム・座り心地の上位3位を発表致します。

 

~フォルム部門~

<第3位>NATURAL BROWN (NBC-406)  Forms(DCC-1131/1132)

img58567371  DSC00572 

シンプルなデザインで日進木工さんの定番チェアNBC-406と

細くておしゃれ、横から見ても綺麗なDCC-1132(写真は肘ありタイプ。肘なしもあります)

どちらも軽くてすっきりとしたデザインです。

 

<第2位>Geppo(NFC-780)

げっぽ

こちらはカーサに通常展示で置いておりますが人気のシリーズです。

背もたれのカーブと横から見てもおしゃれで素敵だと

座り心地もへこんでいる部分に丁度肘が乗っかるので座りやすいです。

 

<第1位>White Wood (WOC-131)

ホワイトウッド

日進木工さんのシリーズの中でも人気の高いものです。

ナラ材と肘の部分はウォルナット材を使うワンポイントが可愛さを引き立てています。

椅子自体がとっても軽量で女性でも持ち運びが片手で楽チンなところも良いです。

 

 

~座り心地部門~

<第3位>NATURAL BROWN(NBC-403/404)  Kukka(KUC-1140)

008-2       DSC00551

NATURAL BROWNシリーズの椅子写真は肘ありタイプ(NBC-403)肘なしもあります。

座った時のホールド感が良い、疲れているときにゆったり座れるなど

好評でした。見た目からゆったり感が分かる気がします。

kukkaシリーズは新作。

Geppoシリーズと形は似ています。こちらも背中のホールド感が好評でした。

 

<第2位>Forms(DDC-1131/1132)

DSC00570  DSC00572

フォルム部門で3位だった椅子が座り心地でも上位に入りました。

写真では分かり難いですが他のシリーズよりも若干奥行が狭くなっているので

背もたれがすぐ近くにあり支えられている感じがあります。小柄な方にも向いているようです。

私も個人的には一番良かったと思っています。

 

<第1位>NATURAL BROWN (NBC-509/409/410)                 

DSC00560  DSC00637

座り心地部門で堂々の1位でした。

写真が切れていて申し訳ないです・・・。全体は右側の写真を確認下さい。

こちらは形は一緒ですが座面高さの違う3種類の椅子です。

左から順に420mm・390mm・350mmになります。

一般的に多いのは420mmですが実際座ってみると低い方がゆったりして寛げました。

座面も広くて座りやすく、肘の部分は置きやすいように少し窪んでいるのも良かった、と大好評でした!

見た目より重くないので持ち運び出来ます。お好きなお部屋に持って行って寛いで頂きたいです。

 

 

参加して頂いた54名様、大変参考になりました!ご協力有難う御座いました。

今回ご紹介した以外にも様々展示があり惜しくも3位以下になったものもあります。

是非座って確かめて頂きたいのですが、現在は通常展示に戻しておりますので一部置いていない椅子もあります。

フォルム部門で2位だったGeppoと1位だったWhite Wood

座り心地で1位だったNBC-409/410 は展示として置いておりますので

気になった方は実際に座ってみてはいかがでしょう?お待ちしております!

 

 

6月20日から7月5日まで開催した「しっかりとしたものづくり展」

改めて開催中、沢山のご来店有難う御座いました。

カーサを通じて日進木工のものづくりの素晴らしさを感じて頂けたのなら幸いです。

これからも、ものづくりの素晴らしさや

良いものに出会う場を提供出来ればと思っております。

本当に日進木工のスタッフの方にもお世話になりました。

有難う御座いました。

 

 

 

 

 

 

しっかりとしたものづくり展  まとめ②

2015.07

続きまして「しっかりとしたものづくり展」まとめ②です。

②では27日に開催をした

日進木工 取締開発部長 矢島浩 氏による<家具デザインセミナー>についてです。

 

DSC_2080   DSC_2086

当日の様子です。オーナーが司会進行を務め、参加者の方は展示してある日進木工さんの椅子に座って頂き清聴。

様々なお話を聞かせて下さいました。

こういった機会はめったにないのでスタッフである私たちも混ざって聞き入りました。

その家具の開発に至った経緯だったり思いや裏話は聞いていて勉強になりました。

お客様にその家具を説明する上で知識はもちろん大事ですが、その背景である

開発に携わった方のお話を聞けたというのは今後に活かせることだと思いました。

皆さんも矢島氏のお話に耳を傾けながらメモを取ったり質問したりされてました。

本当に有難う御座いました!

 

 

続きまして28日に開催した<塗装別のメンテナンス実演>

DSC_2093  DSC_2090

オイル塗装とソープ塗装の実演。

こちらも講師は矢島氏にお願いしてそれぞれの塗装について

お話聞かせて頂きました。

 

ソープ塗装はヨーロッパに古くから伝わる塗装方法で

家具などに使用されている木材の木肌の色を

変える事なく自然な色合いが特徴の塗装です。質感も木の温もりが感じられます。

主にブナやナラ、アッシュ材など白木に多い塗装。

ソープ=石鹸が原料なので赤ちゃんも安心です。

 

一方オイル塗装は木の表面が濡れ色になり艶が出ます。

こちらも木の質感を感じられる塗装です。木材にオイルを含ませる方法で

ウォルナットやブラックチェリーなど濃色材に塗装すると艶も出るので高級感が増します。

 

写真のYチェアは実際に日進木工の社員さんが使用しているものをお借りし

ソープ塗装を実演しました。

写真では中々分かり難いとは思いますが

チェアの半分だけ塗装して塗装前と後で比較して見てみると

違いが良く分かりました。ソープ塗装のメンテナンスキットと

スポンジとやすりを使い表面の汚れを落とし塗装を塗り込みます。

使い込んでいるだけにくすんでいましたがキットを使うと

汚れも落ち、木の本来の色合いが美しく購入当初の姿を取り戻していました。

ソープとオイルの良さや注意点などが分かる丁寧な説明で楽しかったです。

今回使用したソープ塗装のメンテナンスキットは一般にも発売しているようで

最近はDIYをする方も多いので家具の塗装の違いが分かれば自分の好みに合った方法で

メンテナンスが出来るのではないでしょうか?

参加した方もそれぞれ違いを見て確認出来て良かったと仰っておられました。

私も勉強になりました。

矢島氏には2日間大変お世話になりました!有難う御座いました!

 

 

少し長くなりましたので一旦終了します!

次、まとめ③に続きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりとしたものづくり展 まとめ①

2015.07

2年振りに開催をした日進木工さんとの企画展「しっかりとしたものづくり展

好評の中、今月5日に無事終了致しました。

沢山のご来店、またイベントへのご参加有難う御座いました!

飛騨高山の木のぬくもりに触れて

職人の確かなものづくりの素晴らしさを少しでも感じて頂けたのなら

スタッフとしても嬉しいです。

 

さて期間中カーサでは様々なイベントを開催しておりました。

今日はその感想やまとめなどをお伝えします!

 

まず初日の20、21日には<カリンバ作り>を開催しました。

アフリカの楽器でハンドオルゴールとも呼ばれるカリンバ。横に並べた金属棒を弾いて音を出します。

DSC_2068   DSC_2062

調律が大変でこの作業に時間がかかっていました。何回も微調整を繰り返し

ようやく完成した時には苦労しただけあってとても喜んでおられました。

指導して頂いたメーカーの方曰く、使用する木材や形状で若干音が違うんだそうです。

もっと小さい手のひらサイズのカリンバも有りますし装飾をした物も有るそう。

簡単に指で弾けば音が鳴るので気軽に楽しめる楽器。

お家に帰ってからも皆さんで楽しめるものだと思います!

お子様から大人まで沢山の方にご参加頂きました!有難う御座いました!

 

 

次は期間中は常時開催だった<ファブリックパネル作り>

木の枠にカーテン生地などを張り込むもので

壁に掛けたりするとおしゃれな空間が演出できます。

DSC_2076  ファブリックパネル

こちらも盛況で沢山の方にご参加頂きました。

所要時間は約1時間程度。

カーサで用意した生地からお好きなものを選んで頂き、しわが寄らないよう綺麗に張り込んでもらえば完成です。

写真でも分かるように様々な生地で作ったので一つ一つパネルの印象が違いますよね。

作業中も笑ったりお喋りしながら楽しく製作出来ました。

ご参加有難う御座いました!

 

 

次は家具のデザインセミナーと塗装仕上げ別メンテナンス実演の様子をお伝えします!

 

 

~まとめ②に続く~

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

家具納品【ソファ・リビングテーブル・TVボード】

2015.05

P1020312のコピー P1020310

 

少し前になりますが、リビングの家具を納品いたしました。

ソファはエスティックのヒルトン【3P片肘カウチソファ+2P片肘ソファ】

座面がフラットですので、余裕で寝転がれる広々サイズです。

併せてエスティックのリビングテーブルもご提案させていただきました。

 

因みにリビングに敷いてあるギャッベは新居に合わせて購入されたそうです。

お部屋の至ることろにあって、踏むと足触りがよく厚みもあって気持ちよかったです。

 

P1020308のコピー

 

TVボードは、サイドボードをオプションで飾り棚仕様にしました!

食器などを飾られる予定です。

写真は試しにイッタラのガラスを入れてみました

色々飾って楽しんでいただきたいですね。

 

シェード交換

2015.05

シェード交換に伺いました。

2ヶ所交換させて頂きました。

P1020272  P1020271

1ヶ所目はシングルシェード(プレーン)です。

大きな象のプリントが可愛く窓を飾っています。

 

2ヶ所目はダブルシェード(プレーン)です。

P1020277  

交換前はドレープ生地1枚のシングルシェードでしたが・・・

P1020331  P1020329

ドレープとレースのダブルシェードに交換。

落ち着いたものからプリントが鮮やかな明るい窓になりました。

写真を見ただけでも窓の印象が違ってみえます。

お選び頂いた生地で素敵な窓に仕上がって良かったです。

K様有難う御座いました!

 

 

<シェード生地詳細>

シングルシェード

・U-6081  (スミノエ)

ダブルシェード

・前幕生地:BA7705-45 ヴィゼルス(アスワン/遮光2級)

・後幕生地:EK8009  (サンゲツ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家具納品【ソファ・TVボード・ダイニング】

2015.05

先日家具の納品に伺いました。

ブログでも紹介している日進木工<Geppoシリーズ>ダイニング・リビングセットと

同じ日進木工の人気シリーズ<WHITE  WOOD>のテレビボードです。

P1020320  P1020322

P1020321  P1020326

鮮やかな橙色がお部屋に映えていました。家具のフレームも木の温もりが伝わってきそうです。

お部屋も色が入った事で明るい雰囲気になり、N様にもお喜び頂けて良かったです。

設置後のN様ご家族の笑顔にこちらも嬉しくなりました。

N様本当に有難う御座いました!

 

 

 

<家具詳細>

・ダイニングテーブル (日進木工 Geppoシリーズ)   (W1500×D1000×H690)

・ダイニングチェア×2脚(日進木工 Geppoシリーズ)(W540×D535×H695×SH420)

・ベンチシート(日進木工 Geppoシリーズ)(W1200×D516×H695×SH430)

・シードソファ(日進木工 Geppoシリーズ)(W1800×D890×H860×SH380)

・リビングテーブル(日進木工 Geppoシリーズ)(W1000×D500×H500)

・オットマン(日進木工 Geppoシリーズ)(W650×D460×H390)

・テレビボード(日進木工 WHITE  WOODシリーズ)(W1510×D520×H450)

 

※張地はお選び頂けます

※木のカラーもお選び頂けます

 

 

 

 

 

 

34567