ブログ

イメージ画像:カーサ

しっかりとしたものづくり展  まとめ②

2015.07

続きまして「しっかりとしたものづくり展」まとめ②です。

②では27日に開催をした

日進木工 取締開発部長 矢島浩 氏による<家具デザインセミナー>についてです。

 

DSC_2080   DSC_2086

当日の様子です。オーナーが司会進行を務め、参加者の方は展示してある日進木工さんの椅子に座って頂き清聴。

様々なお話を聞かせて下さいました。

こういった機会はめったにないのでスタッフである私たちも混ざって聞き入りました。

その家具の開発に至った経緯だったり思いや裏話は聞いていて勉強になりました。

お客様にその家具を説明する上で知識はもちろん大事ですが、その背景である

開発に携わった方のお話を聞けたというのは今後に活かせることだと思いました。

皆さんも矢島氏のお話に耳を傾けながらメモを取ったり質問したりされてました。

本当に有難う御座いました!

 

 

続きまして28日に開催した<塗装別のメンテナンス実演>

DSC_2093  DSC_2090

オイル塗装とソープ塗装の実演。

こちらも講師は矢島氏にお願いしてそれぞれの塗装について

お話聞かせて頂きました。

 

ソープ塗装はヨーロッパに古くから伝わる塗装方法で

家具などに使用されている木材の木肌の色を

変える事なく自然な色合いが特徴の塗装です。質感も木の温もりが感じられます。

主にブナやナラ、アッシュ材など白木に多い塗装。

ソープ=石鹸が原料なので赤ちゃんも安心です。

 

一方オイル塗装は木の表面が濡れ色になり艶が出ます。

こちらも木の質感を感じられる塗装です。木材にオイルを含ませる方法で

ウォルナットやブラックチェリーなど濃色材に塗装すると艶も出るので高級感が増します。

 

写真のYチェアは実際に日進木工の社員さんが使用しているものをお借りし

ソープ塗装を実演しました。

写真では中々分かり難いとは思いますが

チェアの半分だけ塗装して塗装前と後で比較して見てみると

違いが良く分かりました。ソープ塗装のメンテナンスキットと

スポンジとやすりを使い表面の汚れを落とし塗装を塗り込みます。

使い込んでいるだけにくすんでいましたがキットを使うと

汚れも落ち、木の本来の色合いが美しく購入当初の姿を取り戻していました。

ソープとオイルの良さや注意点などが分かる丁寧な説明で楽しかったです。

今回使用したソープ塗装のメンテナンスキットは一般にも発売しているようで

最近はDIYをする方も多いので家具の塗装の違いが分かれば自分の好みに合った方法で

メンテナンスが出来るのではないでしょうか?

参加した方もそれぞれ違いを見て確認出来て良かったと仰っておられました。

私も勉強になりました。

矢島氏には2日間大変お世話になりました!有難う御座いました!

 

 

少し長くなりましたので一旦終了します!

次、まとめ③に続きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりとしたものづくり展 まとめ①

2015.07

2年振りに開催をした日進木工さんとの企画展「しっかりとしたものづくり展

好評の中、今月5日に無事終了致しました。

沢山のご来店、またイベントへのご参加有難う御座いました!

飛騨高山の木のぬくもりに触れて

職人の確かなものづくりの素晴らしさを少しでも感じて頂けたのなら

スタッフとしても嬉しいです。

 

さて期間中カーサでは様々なイベントを開催しておりました。

今日はその感想やまとめなどをお伝えします!

 

まず初日の20、21日には<カリンバ作り>を開催しました。

アフリカの楽器でハンドオルゴールとも呼ばれるカリンバ。横に並べた金属棒を弾いて音を出します。

DSC_2068   DSC_2062

調律が大変でこの作業に時間がかかっていました。何回も微調整を繰り返し

ようやく完成した時には苦労しただけあってとても喜んでおられました。

指導して頂いたメーカーの方曰く、使用する木材や形状で若干音が違うんだそうです。

もっと小さい手のひらサイズのカリンバも有りますし装飾をした物も有るそう。

簡単に指で弾けば音が鳴るので気軽に楽しめる楽器。

お家に帰ってからも皆さんで楽しめるものだと思います!

お子様から大人まで沢山の方にご参加頂きました!有難う御座いました!

 

 

次は期間中は常時開催だった<ファブリックパネル作り>

木の枠にカーテン生地などを張り込むもので

壁に掛けたりするとおしゃれな空間が演出できます。

DSC_2076  ファブリックパネル

こちらも盛況で沢山の方にご参加頂きました。

所要時間は約1時間程度。

カーサで用意した生地からお好きなものを選んで頂き、しわが寄らないよう綺麗に張り込んでもらえば完成です。

写真でも分かるように様々な生地で作ったので一つ一つパネルの印象が違いますよね。

作業中も笑ったりお喋りしながら楽しく製作出来ました。

ご参加有難う御座いました!

 

 

次は家具のデザインセミナーと塗装仕上げ別メンテナンス実演の様子をお伝えします!

 

 

~まとめ②に続く~

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

12